• 『One realize 1action』

ザッポス伝説と白熱教室 

2011/01
09

 

ザッポス伝説は年末にユニオンSP 林社長からの紹介。

白熱教室(ジャスティス)は教育TVの特番再放送だが、元日・2日

と12話一挙放送ということで、1日1話でゆっくり見ている。

 

なぜだか分からないが、10月くらいから読書ペースが一気に

落ちてきた。気持ちが本に向かない時はあるかもしれないが、

ブログの休止でアウトプット出来なかったからなのか?

単に読みたい本がないからなのか? 

『それどころじゃなかった』という説明も頷けない。

自分のことなのに理由が分からない。

 

何はともあれ『ザッポス伝説』林社長のお勧めということで読んでみた。

 

約400ページの本は、三つの章に

分かれていて、トニー・シェイの人生

そのもので、面白い。

といってもまだ30代なのだが。。。

 

 

 

ザッポスが靴のオンラインビジネスで、全業種で顧客サービス第2位

になったのも、僅かだがネット販売をしている当社にとって多くの

気付きがあった。

 

また、会社を家族的な絆を持ったチームにしていく過程やそこに

行きつくまでの失敗や思考は思わず引き込まれてしまった。

トニー・シェイはアメリカで最も注目を集める経営者らしいですが、

その理念や手法はいわゆる日本型経営と呼ばれる家族主義の

進化版です。2011年初のお勧めの良書です。 

林社長 ありがとうございました。

 

白熱教室は川端君に本を借りたのだが、単語が難しすぎて

スタート20ページで挫折していた。 (川端君  すぐ返します)

TVで再放送してくれて本当に良かった。

考えてみれば教育テレビをこれほど見たのは、生まれて初めて!

受信料も2010・2011は納得できるぞ!!

 

まだ5話を見終わった所ですが、正義や公正を考えるということ

よりも サンデル教授の話し方や他者を参加させながら考えさせる

技術と言えばいいのか そこに感心してしまった。

本では難しすぎて投げ出してしまったが、TVでは素直に面白かった。

 

 

 

 

脈略ないけどシリーズ…

 

 

『夢 破れる』

 

 

 

 

 

夏待ってろよ (゜_゜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 川端秀明

    こんにちは。
    ブログ、いつも楽しみにしています。

    私も無性に活字から離れたい時があります。
    その時は、脳が違う事を吸収したがってると思って、
    まったく違う事をやっています。
    (最近はジムと音楽?でしょうか、また買いに行きます。)

    思いっきり読まない時間を作るのは大切だと思います。
    少し経って、読みたいな、と思ってももう少しだけ我慢して、
    んで、一気に読みます。
    「読みたい」と思わないと、言葉が頭に入ってこないので、、、

    私も理事長としてのブログでのアウトプットは終了してしまったので、
    今後は個人で、アウトプットを心がけます。
    本は適当な時に返して頂ければいいですよ…

  2. admin

    川端さん
    いいですよね。本名で)^o^(?
    ご返信ありがとうございます。

    個人ブログできたら教えてください。
    教えてくれなくても見つけますよ キラッ

    先日の休日 子供に『パパ 祖父ちゃん死んだら
    どうなるの?』というヘビーな質問を受けました。
    『死んでもその人のことを覚えている限り、一緒に
    生きてるだよ!』と謎かけのような言葉を返してしまいました。
    反省 (゜_゜)

    もし私が若くして死んでもこのブログの言葉が自分の思想や
    目標、夢や後悔といったことを少しでも伝えてくれるのではないか
    と思いました。
    川端さん 遺言です。
    もし死んだら しかるべき時に息子たちにこのブログを見るように
    伝えてください。その前に茂ちゃんに早々に打ち切らないようにも
    お願いします。

*