• 『One realize 1action』

自分の芯棒を自問自答する

2015/02
20

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

作家の岬龍一郎先生をお招きしての とちぎ岬塾も

残すところ あと1回となってしまいました。

最終日は4/6(月)です。

この日は会員でなくても誰でも参加できますし、

会費も無料だそうです。

ぜひ ご参加いただきたいです!

.

この会の趣旨は『武士道を学ぶ』ということを充分

理解した上で、学校で勉強出来なかった近現代史を学びたい!

という自分の欲求から中途参加させていただきました。

その間に出版会議で企画が通り、

執筆活動と並行して、先生にも懇親会の場で報告し、

名前を憶えてもらえるようになりました。

そして、この日(2/9)に先生の新しい著書と私の本を

交換させていただくという非常に贅沢な体験も出来ました。

.

この日の学ぶ偉人は、『内村鑑三』

4月最後の学ぶ偉人は、『新渡戸稲造』

.

どうですか? 歴史で習いましたか?

私は潔くもなければ、男らしくもありません。

引きずるし、女々しい男です。

そのことを自戒した上で、商売の上で

武士道を自分なりにどう発揮するか!

その答えが、自分の芯棒になるような気がします。

.

.

.

.

  1. 谷中恭代

    新渡戸稲造は5千円札の方、それしか答えられません…武士道の精神、聞いただけで身が引き締まります。

*