• 『One realize 1action』

ブログ3周年記念 3年後の自分へ、、、               自分が自分にならないで、誰が自分になる!

2013/04
30

.

ここ最近は仕事面で、非常に充実していたように思う。

あくまでも自己採点で、他者の評価は分からないが、、、

(^_^;)

余命2年を宣告されてから非常に充実した人生を送り、

『病は気から』の言葉通り、病魔も克服するというストーリー!

聞いたことはないだろうか?

つまり、人生の最後を意識することで、そこまでのプロセスを

大事にして、妥協しないで、且つ 楽しみながら挑戦するという話だ。

.

以前ブログにも書いたが、4月中旬から佐藤勝人と行く

アメリカ流通セミナーが行われた。

私は諸事情から1ヶ月を切った時点で断念 (泣)

.

そこに金脈はあるのかい?! あるかどうか 掘ってみるさ ✌               2013年4月 

.

時差の関係で毎朝、アメリカに行ったメンバーからのfacebookの

アップされた画像を見る。始めは羨ましさ、次に負けられない!という気持ち

そして『今為すべきこと』に思いを馳せる。

その繰り返しが、充実した日々を支えた気がする。

.

.

.

.

使命感、連帯感、達成感

人を突き動かす感情は様々だが、適度な競争心は

私の場合 非常に重要な行動の動機付けになる。

.

.

.

.

今年に入って、最高に非常に充実した2週間を過ごせたと思う。

充実したチャレンジのキッカケは、自転車で登り坂を押すようなもので、

動き出したら自転車は労力が全くない下り坂の感覚すらある。

だいたい今日でブログを始めて3年!

3年後の自分へ

適度な競争心を持って、ゴールまでのプロセスを大事にして、

仕事をしているかい?

(^_-)

.

.

.

.

.

コメント (0)

remake 『あるストリンガーの話』  ③/3

2013/04
28

.

その選手こそ 世界の四大大会を転戦し、引退した杉山愛選手から

『彼女は私以上の才能を持った世界を狙える選手』と言わしめた

森田あゆみ選手です。

.

スポーツ用品店の経営者もここにきて、ない頭で考えます。

これは『ブランド』なのではないか?

トッププロも納得させるクオリティ!

森田選手もそのスポーツ店に写真を展示させていただいたり、

ホームページに載せることも了承していただいている。

軟式テニスとバドミントンのラケットの国内販売シェアは、

ヨネックスが7割以上ミズノが2割で、その他です。

そこでこの2社のラケットケースにAスポーツオリジナルの

刺繍を入れることにしました。

お客様に断らず、勝手にです (汗)

男性が販売し、自らガットを張るラケットがブランドならば、

その証がこの刺繍になるのではないか?!

.

.

その後、1年が過ぎ、2年が過ぎます。

その間 販売した3000本以上のラケットに同数の

刺繍入りのケースがお客様の手に渡ります。

(新入生用は除く)

ある時 店側のミスで、刺繍を入れ忘れました。

勿論 通常のケースだから、問題ありません。

仕方なく、でも大した罪悪感もなく、刺繍のないケースで、

その中学生に渡しました。

すると その中学生は表裏を何度も見返します。

そのまま受け取って帰りました。

数時間後 そのお母さんから店に電話が入ります。

『これじゃ どこで買っても一緒じゃないですか?!

 車で30分かけて店に行き、2日後に取りに来たんですよ。

 息子は凄くガッカリしていました。』

男性は気付きました

自分の失敗と継続した力の強さを!

数日後 刺繍の入ったラケットケースを持ってお詫びに行きました。

以降 このようなミスはありません。。。

.

.

現在も彼はガットを張っていますが、部下にも指導しています。

土日の出社の際、試合に行く中学生や高校生のラケットケース

に『一打入魂 アベスポーツ』の刺繍が入っているか?

見るのも彼の密かな楽しみです。

.

.

.

コメント (0)

remake 『あるストリンガーの話』  ②/3

2013/04
27

.

「あるストリンガーの話』

.

北関東の地方都市のスポーツ用品店の話。

その男性の趣味は、スキーとテニス!

そのスポーツに携わる仕事がしたくて、

地方都市のAスポーツに中途で入社しました。

今から十数年前、冬のスポーツと言えばスキー!という時代。

彼は持ち前の人間性で社内に溶け込み、且つ お客様に

支持されるスタッフになっていきました。

10年前には会社を代表して、2週間近くメーカーの招待で、

ヨーロッパに視察に行ったこともあります。

冬はスキーの販売、夏はテニス・バドミントンの販売と

ストリンガー(ガット張り)の腕を上げていただきす。

.

.

しかし、7年前毎年減少するスキー販売の撤退を決意した

会社の決定を受け入れ、テニス・バドミントンを始めとする

競技スポーツの販売にシフトしていきます。

販売し、ガットを張る!

帰社が深夜に及ぶこともあります。

経営者からは、

「納期を伸ばし、時間内に出来る範囲でやろう」

「アルバイトの人を指導し、任せよう」

と話し合っても、質を下げること 試合に間に合わせること

を曲げられません。

競合の専門店は自分たちの出来る範囲で行い、

競合のチェーン店は研修を1週間受けただけの人が、

お客様のガットを張っていきます。

.

しかし、転機が訪れます。

彼が小学校の時からサポートしていた女の子が、

トッププロになります。通常 トッププロならば、

メーカーのサポート体制のもと、用具を提供され、

専門のストリンガーがサポートします。

しかし、そのプロは可能な限り、男性のもとを訪れるのです。

その選手こそ 世界の四大大会を転戦し、引退した杉山愛選手から

『彼女は私以上の才能を持った世界を狙える選手』と言わしめた

森田あゆみ選手です。

.

つづく

.

.

.

コメント (0)