• 『One realize 1action』

節電は有事の使命  2

2011/06
30

.

JCの委員会後に、雰囲気のいい居酒屋さんで、深酒して

しまい、またもや一昨日 寝不足。。。(ー_ー)!!

(この居酒屋さんについては別途ブログに書きます)

しかし、昨日は朝から予定が。。。

当社が契約する電気保安管理の『日本テクノ』さんの

取材を受ける。営業の方から推薦を受けて、

広報室の室長さんが少し早めに到着。

10:30からの朝礼に参加いただき、その後取材を受けた。

当方としては取材を受けた記事のデータをいただき、節電への

取り組みを地域顧客に知っていただくようなPOPにする

のが目的です。

.

バシバシ写真を撮られた

ので、お返しに1枚 (^_-)

撮られ慣れていないのか、

ちょっと恥ずかしそう。

3月の震災以降の取り組みを

説明させていただいた。

.

そして俄仕込みの節電知識を駆使して、さらなる疑問や課題点を

ぶつけていく。その中で新たな課題と手法についてのアイデアが

浮かぶ。せっかくなので、プロの意見を貰って修正!

取材なのか コンサルティングなのか 分からないが、

充実した時間を過ごせた。

ありがとうございます 中山室長 (^_-)

.

しかし 同時に問題が。。。

2F中央付近のエアコンに不具合が生じて、

1台が動かなくなった。先日のエアコン洗浄が原因と

思っていたが、本日見立ててもらったところ、室外機

の配電盤が劣化しているほか3か所に問題あり。

いつもは粘って、エアコン洗浄の一因もあるのでは?

と疑う私も。。。以前ブログでも紹介した業者さんの

仕事ぶりから信じます。 (^_^;)

.

またお金がかかるが。。。

3月から5月まで 当社の水道光熱費の削減額は

累計で、昨年に比べ約25万のマイナス!

6,7,8、9月とおそらく80万円のマイナスを達成したら、

節電にかかた経費(エアコン分解洗浄、フィルムシート)

の差額分を節電アクション賞与を出したい (^_^;)

皆で取り組んだ結果だから )^o^(

この配電盤の修理にいくらかかるか?

これは節電経費でなく、設備老朽化による修繕費にするか

迷うところです。(セコイから)

.

昨日は夕立もありました!

夕立も自然の打ち水ですね。

あまり早い時間の夕立は、

ジメジメ してしまいますが、

昨日はグッド タイミング ✌

.

.

コメント (0)

節電は有事の使命  1

2011/06
29

.

昨日は宇都宮まで『Facebookセミナー ビジネス活用編』

に出席させてもらう予定だったが、急遽の来客があり、

どうせ足利にいるなら ということで、商工会議所主催の

『節電対策セミナー』講師:堀川孝氏に出席させていただいた。

.

.

今日・明日からすぐに行う対策という点では、特になかったが

認識不足や誤解(知識不足)を補うことが出来た。明日、

当社が契約している日本テクノの広報の取材を受けるので、

その時にも今日の知識を生かして、有益な手段を講じたい。

.

経営者が、経費について拘るのは良くないという話がある。

コストカッターではなく、会社の売り上げ数字を伸ばすことに

注力すべきだという論拠で、私も賛成だ。

しかし、知識として経費を押さえていなかったり、関心のないことも

問題だと思う。特に今回の電力は、経費の勘定科目では『水道光熱費』

にあたり、おそらく多くの企業の経費上位ベスト5に入ってくる。そして、

大きな数字であるというだけでない重要な点も出てきた。

企業として、地域社会に貢献する。ということだ。

.

うちの社訓の1番目は、

私たちはスポーツを通じて、地域社会に貢献します

と謳っているが、企業の地域への貢献の第一は納税であり、

第二に雇用である。これが平時の使命だ。

一方 今夏の電力不足回避の節電というのは、有事の使命だ。

.

この有事の使命を果たすべき時に、『出来る限り・・・』とか

『エアコンの設定温度を28℃にする』『電気の消灯はこまめに』

といった報道で知るだけの知識では、いざ自社に当てはめたときの

知恵が出てこない。やはり、企業としては目標を設定して、

毎月検証修正して、本業の数字も落とすことなく、知恵を

振りしぼなければならないと思う。

.

アベスポーツは、政府の電気事業法27条の小口需要家の

使用電力15%の削減目標を超えて、具体的な行動計画で

使用電力の25%削減を実現することを誓う。

.

ここでブログが終了のはずが。。。

夜は久しぶりJCの委員会

7月に節電についての

勉強会を行うことに

なりました。写真は栃木

5区選出の国会議員

第一秘書の駒ちゃん。

昨日は駒ちゃんの仕事を

説明してもらいました。

.

駒ちゃん 日本の為に 栃木の為に 頑張って!

増純   負けるな 毛根!!

.

.

コメント (0)

今 目の前にある少年スポーツの危機(後)

2011/06
28

.

3/11の大震災以降、電力不足の解消のため

土日の休日を平日に変更する動きが出てきている。

特に 車業界は顕著だと言われ、車の業界を取り巻く

製造業を中心に新しい1週間のサイクルが始まった。

.

これは、今まで『お父さんの休日が家族の休日と違う日』

という そう まるで我が家のような変化だと思っていたが、

少年スポーツにも大きな変化を余儀なくされつつある。

今まで『自分の子供もチームの子供も一緒』という特定の

ご父兄の善意で成り立っていたが、その善意の中心人物

も土日に勤務されるということが目立ってきた。

.

送迎はお母さんが担当されるが、今まで父親が担当していた

監督・コーチ・審判という試合のために必要なスタッフが集まらない

ということも出てきている。

現状 まだ土日勤務の方は一部になっているが、この夏は

懸命のやりくりが各チームでされると思う。

.

そこで微力ながら、震災前に4級審判資格を取得した私も

先日審判デビューをした。

.

.

線審のつもりだったので、ホイッスルも持っていないという状況の中、

7人制は主審のみということで、コーチの方にサポートをしていただき、

初体験をした。実際目の前で、『オフサイドかなぁ』と思っても、自信が

持てず流してしまった。(汗)

恐らく 夏から秋にかけて役割分担(輪番)で、お父さんがレフリー

をすることになると思うが、あらためて長男の時は『仕事だから』という

ことで理解を示して、面倒を見てくださったお父さん方に感謝したい。

学校教育と家庭で出来ない躾の多くは、このチームで学んだことも

多いと思う。『地域のコミニティの再生』などと一言で片付けられるが、

『自分の子供も周りの子も一緒』だから真剣に怒るし、真剣に喜ぶ。

現在次男の年代になってきたが、微力ながら関わっていこうと思う。

親にとっても多くの学びがあるこの場所が、今目の前にある危機を

乗り越えられることを願っているなどと言わず、主体的に行動したい。

(デビューしたての親父だが。。。 (^_^;))

.

.

コメント (0)