• 『One realize 1action』

2010年に感謝  

2010/12
29

 

以前のブログ(セールの意味 EP4)で、 30・31日

を店休日にする話をしたと思いますので、本日で

仕事納めになります

全スタッフの頑張りで一昨日に昨年12月の実績をクリア出来たので、

新しい試みのハードルは一つ越えられました。あとは元旦から

のセールですね (゜_゜)

 

そして、信頼するアイコウさんに

お願いして、ヘッダー

MY SECOND CREDO も

入れてもらいます。

←2011年手帳に貼りました!

 

 

 

ブログはアウトプットに非常に有効でありますが、一方他者の目を

気にして、私的な感情の吐露というか 喜怒哀楽をぶちまける

ダイアリーとしては不向きです。

それでも2010年ラストですから、私的なダイアリーとして、

今年の使い込んだ手帳を見ながら、特に出逢いや行動のキッカケを与えて

くれた人(1ヶ月に1人)に焦点を当て、1年を振り返ってみます。

 

 

1月・・・2009年仰せつかった足利青年会議所の専務を終え、仕事面で前年に

    考えた様々な計画を実行に移し、目に見える結果を残し、現状を打破したい

    という思いが強かった。そんな中、ミズノさんが主催する村尾隆介氏のセミナー

    で、自分ルール(CREDO)の重要性を知ったことは大きかった。

    ブレないひとは、明確な判断基準を持つ。それを他人は信念や信条と呼ぶ。

    腹に落ちた瞬間だったように思う。

 

2月・・・例年通り出張が多い月だったが、2/9の地元企業 菊池歯車さん視察が

     印象的であり、衝撃的だった。特に年代も同じ菊池社長の『他者と自分を

     比べることをしなくなった』という言葉とそれを裏付ける行動は、村尾さん流に

     言うと格好いい大人のそれだった。1月末から始めたブログも生活の一部に

     なってきた。

 

3月・・・15日、18日に受けた和仁達也とのお話会を前月の菊池社長の

     紹介で知った本の作者に自らコンタクトを取り、縁にも恵まれた結果だった。

     拙速は巧遅に勝る!また同級生の國定君の会社の朝礼にも参加した。

     継続は力なり!彼の落ち着きや謙虚さは日々の小さな行動の積み重ね

     によるものだと肌で感じられた。

 

4月・・・年間で最も運動具屋の繁忙期は外に出てのアウトプットは少ないが、

    亀井さんとの会話の中で毎朝会社のトイレ掃除をしていることを知る。

    亀井さんとは5年の付き合いだが、学びを小さな実践に変えている亀井さん

    との出逢いだったと思う。これがきっかけで、今でも続くトイレ掃除の習慣と

    アベスポーツに5Sを取り入れようとさせるキッカケになった。

    亀井さん ありがとう )^o^(

 

5月・・・自分の未熟さ、浅はかさ、弱さ、に気付くのはどういう時か?

     日常(仕事や友人との会話)でもないし、非日常(素晴らしい本や先生と

     呼ばれる人たちの話を聞く)でもない。少なくとも自分の場合は。

     5/12にやはり地元企業 エコアール会社視察に行く。この前から

     石井社長とは親しくさせてもらっているが、本当に財産になった。

     自分の未熟さ、浅はかさ、弱さ、に気付くのはどういう時か?

     私の場合はS46年に生まれるという同じ人生のスタートを切りながら、

     ここまで差がつくのか と思った時でした。そして、それほど悔しくも

     悲しくもなく、『身の丈を知り、そのうえでどう生きるか』と考える事が出来た。

 

6月・・・6/12に伊那フォーラムに行くことが出来た。

    そして塚越会長の話を聞き、それを確かめるために伊那食品工業に

    行けたことは大きかった。急成長をしないこと。会社の目的は、社員の

    幸福な理想郷づくり。今年に入ってからの学びや小さな実践が、

    私にこの会社の凄さを理解させてくれたと思う。

 

7月・・・菊池歯車・エコアール・伊那食品工業とくれば5Sに行きつかない

    はずはない。振り返って見てそう思うが、近藤店長・丸山副店長と行った

    マークシティが我が業界で『環境整備』という5S活動をしていること

    を目のあたりに出来た。また、今思うとこの二人を筆頭に現場を任せられる

    スタッフがいることに改めて感謝。

    せめてインプット(学び)はアウトプット(行動・発信)し、小さな行動に

    変えて、進むべきところは『安心して希望を持って働ける会社作り』

    でないといけないと思うし、そうでなければインプットの資格がないと思う。

 

8月・・・仕事の時間も割いて一大事業 橋本塾主催のスポーツ用品業界サミット

     があった。なぜか前日? 出張に行く前の朝礼で

     『私の評価がアベスポーツの評価になってしまうので、最善を尽くす』

     と言ったように覚えている。意味が分からないが、結構プレッシャーが

     あったと思う。その内容はブログにも書いたので、端折る。

     全国の運動具屋の仲間との絆を深められ、大切な友人になった人も多くいる。

     気のおけない友であり、切磋琢磨するライバルでありたいと願う。

      そして最終週の日曜日にお話を聞けたリンク栃木ブレクスの山谷氏との

     出逢いも大きかった。

 

9月・・・8月も猛暑だったが、9月はきつかった。販売ストーリーに

    従って秋冬物の売り場を作ったが、ハワイでコートを売るような

    ミスマッチがあった。そんな中友人でビジネスパートナーの平岡社長

    の常軌を逸した忙しさを見るにつけ、勇気づけられた。

    彼と2年取り組んだインターネット販売が花開き、自社の成長が

    彼の会社の成長にもつながるという素晴らしい経験が出来た。

    これからもよろしく )^o^( 持ち上げすぎかぁ

 

10月・・・8月の陸上リニューアルに続き、野球をザ・カテゴリーキラー

      とすべく、2Fのリニューアルを行った。スタッフの皆さんには

      計画段階から自ら考えて行動する仕事をしてもらった。

      そんな中、10/29に父が急逝した。父のことを振り返って

      みたいが、まだブログで発信するほど整理しきれていない。

      川端理事長にはプロとして友人として様々なアドバイスと

      お手伝いをしてもらった。葬儀は私にとっては非現実的だったが、

      彼に意識的に現実に引き戻してもらったと今は思う。

      

11月・・・初旬に父の通夜・葬儀があり、多くの方に ご厚情 ご芳志を

     いただいた。心からの感謝しかない。本当にありがとうございました。

     『これから大変だよ』『葬儀が終わってから・・・49日が終わったら

     1周忌が過ぎたら・・・ガクッとくるよ』今のところ気も張っているようで、

     実感はない。そして11月15日に代表取締役となる。

     過度の緊張もなく、ただ静かに自分なりの自覚と覚悟を持って、

     やっていこうと思っている。そして母を大事にしたい 気付くのが遅いけど。

 

12月・・・9月末から4ヶ月会っていないが、富山の太陽スポーツ 鶴見さんに

     本来私が橋本塾でしなければいけなかった役割を率先して肩代わり

     してくれた。福沢諭吉先生の心訓の中にもある一節

     1、世の中で一番尊いことは、人のために奉仕し恩に着せない事です。

     をしてもらった。彼のような友人がいる橋本塾に感謝。

 

このほかにも印象的だったのは、7月の家族旅行だ。

場所も印象的だったが、アベスポーツに入社後初の3連休。

初の遠方への家族旅行は楽しかったばかりでなく、

私の知らなかった子供たちに会えた。

改めて 健康に 子供らしく育ててくれている妻に感謝。

 

感謝の気持ちで2010年を締めることが出来て、幸せだ。

2011年は判断に難しい局面や精神的に厳しい局面に立つ

こともあると思うが、一所懸命に向き合おう。

 

 

 

喪中のため新年の挨拶、年賀状を遠慮させて

いただいているので、一言だけ。。。

 

 

 

よいお年を

2011年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

     

 

コメント (0)

新年を迎えるにあたり はっきりさせたいこと 2/2

2010/12
27

 

考えました  が、 2010年の新年の抱負 何だったけ?

というレベルの男の考えた結論が、正しいはずがない!

という結論に達し、定義付けを行っていないことが、

物事を曖昧にする本質的原因だと決めました。(勝手に)

 

2010年に出逢い、影響を受けた人たちは同年代であり、

自分の言葉に定義付けをしていた人が多かったし。。。

 

左が講演を聞いた後にファンになり、

本にサインをして貰った村尾隆介氏の

MY CREDO。

左が私のMY CREDO(2010年1月作成)

を2010年度の手帳に挟んだもの。

 

 

 

村尾さんは著書の中で財布や名刺入れに入れて、MY CREDOを見返す

事を勧めていますので、この手帳は邪道です。でも見返さないんですよ。中々

苦肉の策で、手帳の表紙に挟んで、いつも見れるようにしています。

 

詳しくは本を読んでいただきたいのですが、

1.自分のルールを持つ重要性を知る。(ブレない自分軸)

2.マイミッションを持つこと

3.『大切にしている言葉』や自分史を見つめ直す

4.マイクレド=自分ルールを作る

というものです。このマイクレドは少しづつ見直し、手を加えるべき

ということも提唱されています。

 

そこで今まで通り 会社の目標や店の方針、それに伴う

個人的な目標は8月末の決算(事業年度)に合わせて作り、

実績が言い訳できない検証結果として、これからも今まで

以上にPDCAの精度を上げていきます。

 

それに対して新年の抱負は、MYCREDOの見直し時期

とします。1年間の間に痺れるような格好いい大人達や

素晴らしい言葉、もちろん本に出逢います。

その中で仕事や生活を通して、どういう人間になりたいか 

格好いい大人になるために何をすべきか 

 

 私にとっての新年を迎えるこの時期は、自分ルールの改正

(見直し)時期ですね。

うん すっきりしました )^o^(

 

 

ちなみに私のブログのヘッダーの

『二代目は大変と思い込み~ (中略) 

~ 繋がると信じるからです』

が、初めて作ったマイミッションです。

 

 

 

 

マイクレドは5つの言葉から出来ていますが、安里さんが2つ・

橋本社長が一つ・私が自覚する欠点を気を付ける言葉が一つ・

25年前に死んだ祖父の口癖が一つ です。

こう見てもある意味 自分史です。

 

書き出そうかと思いましたが、飯島君に人前で微妙に間違えられるのも

せつないので、止めておきます。

 

元旦までに今年1年を振り返り、ルール改正をしていきます。

茂ちゃんのお蔭で年末にブログのヘッダーもリニューアルいただけるし。。。

格好いい大人になるために (見た目じゃないよ)

自分ルール改正!

 

 

おわり

 

 

 

 

 

コメント (0)

新年を迎えるにあたり はっきりさせたいこと 1/2

2010/12
26

 

何か前回の『年末の仕事を通して考えること』とシリーズの

ように見えますが。。。関係ありません。

 

~新年の抱負~

さまざまな機会でお話しする機会がありそうですが、

そもそも抱負とはどういう意味でしょうか?

 

調べてみると、心の中に抱いている決意や志望

類語として 志 とあります。

 

新年の志 ・・・ 少し違和感がありませんか?

 

そもそも志が年度ごとに変わるのか?という違和感や

私であれば会社の決算が8月末であり、新事業年度

に会社の目標や店の方針、個人の抱負も立てます。

加えて、10月末にアベスポーツ創業者であり父の捷也

が亡くなり、新たな誓いを立てたばかりというのも

違和感の一因かもしれません。

 

うゎー ほとんど見えませんね

Jtrimを使っていますが (゜_゜)

が浪川さん直筆の心訓(福沢諭吉)

で、左が当時ゼット大宮支店長の上野

さんにいただいた夢七訓(渋沢栄一)です。

 

 

 

すごく印象に残り、大切な言葉のように思えて、100均 で額縁を

買ってきて、休憩室に飾っています。せっかくなので、ご紹介します。

 

 

心訓

一、世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。

一、世の中で一番みじめな事は、人間として教養のない事です。

一、世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。

一、世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です。

一、世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。

一、世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です。

一、世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。

 

夢七訓

夢なき者は理想なし 

 理想なき者は目標なし

目標なき者は信念なし

信念なき者は計画なし

計画なき者は実行なし

実行なき者は成果なし

成果なき者は幸福なし

故に幸福を求める者に夢なかるべからず

 

 

 

長くなったわりにまとまりません。

特に結論を決めた書き出したわけではなく、新年の抱負を 

どうすべきか?そういえば、昨年も昨昨年も8月に決めた目標

は大事にしているのに、新年の抱負は何だったけ?

という年が続いてしまいました。

 

新年の抱負を自分の中で、どう位置づけるか?

少し考えてみます。

 

・・・ 2/2 へ続く (゜_゜)

 

 

 

 

コメント (0)