• 『One realize 1action』

ブログ お休みのご連絡!

2010/09
27

件名を見て『なんだ 挫折か?!』

と思われた方残念でした (-_-メ)


夏前から≪魔の1週間≫と自分で思っていた週に突入しました。

また3日間の出張も入りますので、物理的に更新が

出来ないという ことです。


ただインプットは多いので、インプット過多にならないように、

翌週 過去最高のアップでアウトプットしていきます。


今週の予定


28(火)    9:00~10:30 5S 9月勉強会

午後 主にプロ野球教室準備と出張準備、

9月締められるように準備、申し送り など


29(水)     SBS橋本塾 神戸

30(木)     SBS橋本塾 神戸


10‣/1(金)  SBS橋本塾 神戸

途中小田原に寄り、青年会議所の全国大会に参加


2(土)     プロ野球教室


SBS橋本塾の皆さん 3日間よろしくお願いします。

特に設営いただく矢野さん、後藤さん、阪下さん

足利青年会議所の皆さん ほんの少しの参加ですみません。

1970年組の皆さん 素晴らしい大会になることを祈念しています。

アベスポーツスタッフの皆さん

朝礼、業務連絡でもお伝えしましたが、明日から新しい仲間が増えます。

みんなで盛りたててください。

そして、私不在の間 プロ野球教室の準備を進めていただく、丸山副店長・

今野チーフ 蓼沼さん よろしくお願いします。

それでは


コメント (2)

和仁達也さんから教わったこと VOL.2 モトをとる

2010/09
25

当日は新宿御苑の目の前にある土井栄司氏のオフィス

でした。だいぶ後になって知ったのですが、土井さんは

ビジネスブックマラソンという書評サイトを運営する

元アマゾンのカリスマバイヤーだそうです。

http://eliesbook.co.jp/bbm


さて、そこで私を含め8名の参加者と和仁さんと講談社の

担当者の方がいました。参加者の顔ぶれも多彩で、

ほぼ同年代です。↓


埼玉の税理士さん

不動産業の2代目女性社長、

中小企業診断士を目指すサラリーマンの方、

慶応大学の大学生、

と東京在住の経理部のOLさん、

ッサージ店の創業女性社長、


そして当ブログにも書きこみをしてくれたジュエリー会社の現場責任者の石川さんでした。


まさに一期一会


2回に渡って行われたお話し会はあっという間でした。

私が一番遠方でしたが、充分モトは取れました。

そしてこの2日間で『モトを取る』という発想を教わりました。


前項でご紹介した著書『お金に好かれる人 嫌われる人』のP89~93です。

この『1BOOK1ACTION』が読書ノートになり、ブログに進化しました。

菊地先輩がこの本を紹介してくれなければ、和仁さんと出会うこともなかった。

和仁さんと出会わなければ、ブログを始めることもなかった。

ブログを始めなければ。。。宣言(アウトプット)をしていないので、

出来ていなこともきっと多いでしょう。

風が吹けば桶屋が儲かる 的な話になってしまいましたが、


○○が自分の全てではない。しかし○○がなければ今の自分はない。


理屈抜きに大好きなある人の言葉を○○にしました。

人によって○○は違いますが、でも出逢ったご縁やキッカケは大事にしたいですね。

そして『これだ!』と思った時は、思い切って自分のもにしたいですね。

何にせよ今回の和仁さんの件は、私の数少ない成功事例です。

10回のうち6回はモタモタしてチャンスを見逃し、3回は失敗事例です。

エピローグ

ちなみに税理士さんは本を出版し、http://tinyurl.com/y8ssonl

サラリーマンの方は中小企業診断士の方は1次試験を突破し、2次試験に向け

勉強中だそうです。また他の皆さんもこの出逢いと学びをキッカケに

前進しています。(たまにメールのやり取りがあります)







コメント (2)

和仁達也さんから教わったこと  VOL.1  電光石火

2010/09
25

さて以前ご紹介した和仁達也さんの新刊を読み終えました。

2部作にして和仁さんとの出逢いから今までを書こうと思います。


和仁さんとの出逢いは、

今年の2月です。

実は足利青年会議所を

卒業された菊地先輩

から30代のうちに

読むべき本として3冊の本

のうち1冊が和仁氏の

『脱 ドンブリ経営』でした。


和仁さんの本の特徴は読んで終わりにならないように、読者が自分の会社の

決算書を和仁さんが推奨するフォーマットに打ち込む設えがあります。


『まぁ せっかくだからやってみるか!』とやったところ多くの気付きがありました。


とりわけ、

① 粗利益率の向上が働くものの環境を良くする原資になること。

② 借金を返していくのは税引き後経常利益であること。

当たり前のことですが、ブロックパズルで再認識しました。

http://www.abesports.co.jp/blog/?p=5


ズウズウしい私は本の裏表紙にある和仁さんの事務所に電話して、

『ブロックパズルのエクセル盤はないのか。こちらで講演する予定はないのか』

と電話しました。~ エクセル盤はなく自分で作りましたが。。。


そうして2週間ほど過ぎたら、和仁さんからメールで『お話し会のお誘い』が届きました。

メールを読むと

1.自身の読者から限定して7名に新作本の説明をして反応をみたり、質問に答えたりして、

新作の参考にしたい。

2.交通費は各自自腹だが、参加料は無料。

3.参加者には講演会以上の個別コンサルのようなメリットがあるらしい。

ということで、参加の希望を出しました。どうせ無理だろうと。。。(-_-メ)


また1週間後に当選の案内が届きました。

菊地先輩から本を紹介いただいて、1ヶ月弱で著者に会えることに

なってしまいました。 (~_~;) まさに電光石火!!!


つづく




コメント (0)